著 書

 

 

【人付き合いが苦手、自信がない・・・そんな悩みを根本解決!】

 

 

心のブレーキを解除して、思いっきり!動けるようになる本

(明日香出版社:2014年11月発売)

 

※書籍の詳細な内容は、こちらからご覧いただけます(キャンペーンは終了しています)

 

 

 

 

 

【日本初!シャイな日本人向けのほめ方バイブル】

 

口ベタでもうまくいく! ほめ方の極意(講談社:2011年2月発売)

 


 

あなたは「ほめる」という言葉にどんなイメージをお持ちですか?

「ほめる」という言葉を聞くと「ヨイショみたいに思われないか?」「お世辞に聞こえないか?」「拒絶されるんじゃないか?」「いつも言わないのにワザとらしく聞こえないか?」などという想いがかけめぐる人も多いだろうと思います。

私の提唱する「ほめる」の定義はこうです。

「あなたを認めていますよ」ということを伝えるコミュニケーション。



この度の新刊では、この定義に基づきながら、たとえ口ベタを自認する人でも、照れくさいなぁと思う相手でも、いたってさりげなく日常会話の中で相手をほめることのできるテクニックを体系立てて解説しています。

<章立て>

【第1章】ほめ上手になると人生が変わる!
【第2章】ほめ上手になるためのコミュニケーションの基本原則
【第3章】さりげないのに効果抜群!「大人のほめ方七つの極意」
【第4章】上司や先輩を味方につけて、どんどん出世するほめ方・実践編
【第5章】部下があなたのために3倍動いてくれるほめ方・実践編
【第6章】取引先や顧客の心をつかんで放さないほめ方・実践編
【第7章】これは困った!そんなときのほめテク活用術


2004年にコーチングに出会うまで、人の話をロクに聞いたこともなければ人をホメようと思ったこともなかった私。

そんな私だからこそ、観察・研究して、人付き合いのうまい人に共通するエッセンスを引き出すことができたのだと思います。

さらに、私の敬愛するプロフェッショナルの方々からたくさんのお知恵を拝借。ビジネスでもプライベートでもより一層豊かな人間関係が手に入ること請け合いです。

ほめる前に必要なコミュニケーションのコツもしっかり書いてありますので、人付き合いがストレスになる、という方のお役にも立てるでしょう。


【こんな方におすすめします】

■部下や後輩の能力や可能性をもっと引き出してあげたい、という方
■部下や後輩からもっと信頼されたい経営者、中間管理職の方
■もっと上司や先輩から愛されたい、引き立てられたい方
■営業成績をもっと上げたい方
■口数が少なく、人と仲良くなるのに時間がかかる、と感じている方
■初対面の人との会話が苦手な方
■もっとコミュニケーションを楽しみながら仕事をしたい、という方


この本を通じて、みなさんの人生がより一層輝かしいものになりますことをお祈りしています!

 そして私はこの本が多くの方に読まれることで、日本が明るく元気になることを心より願っています。

   

  【おかげさまでアマゾンランキング7部門1位獲得】

  自分のスゴさにまだ気付いていないあなたへ
    (アメーバブックス新社
2010年9月発売

     

     今でこそ、自分の大好きな仕事をして自由に生きている私ですが
    27歳の頃は、自分の未来にまったく希望が見出せずにいました。


  「人とのコミュニケーションが苦手。」
 「どこに行ってもなじめない。」

  「コピーライターとしての才能もない。」  「新しい世界に飛び込む勇気もない。」
 
   「対人恐怖症になって、社会の落伍者になってしまった。」

 
  そんな負け犬のセルフイメージを抱えてもがき苦しんでいたのです。

  表面的には仕事もしていましたし、バンド活動もしていて、大好きな彼氏もいました。
   外から見たら、さぞかし人生を楽しんでいるように見えたかも知れません。

  けれども人に弱みを見せないように強がっていたので、本当は生きているのがツラくて仕方  ありませんでした。精神安定剤とアルコールが手放せない状態で自分と向き合うことから      逃げていたのです。

 その後対人恐怖症は、目の前の仕事に取り組む中で何とか克服しましたが低いセルフイ  メージ、そして未来に希望が持てない、という状態には変わりありませんでした。

 ところが36歳の時にコーチングに出逢うことで、私はまるで別人のように生まれ変わりまし た。セルフイメージに変化が起きたのはもちろんのこと、自分を取り巻いている世界も、まる で違うもののように見え出したのです。

  実はコーチングを学び出した頃、私は"コーチとして起業しよう"などとは夢にも思っていま    せんでした。業界未経験の私としては、とてもハードルの高い大それたことのように思えた  からです。ところが学んでいるうちに「こんなに人の人生を輝かせる素晴らしいメソッドが   あったなんて!」と感激しプロコーチになる決意をしたのです。

  本書は、「人は何歳からでも変わることができる。」「自分の考え方次第で、どんな未来でも 創り出すことができる。」というというメッセージをこめて書きました。

  私がコーチングやさまざ まな人々との出逢いを通じて学んだことを活かして、あなた自身  の可能性を見つけ、より一 層輝いていただくための方法を書き綴っています。

 学生時代ロクに勉強もせず、さらにはメンタルダウンを起こし、向上心に乏しい20代を過ご した私でしたが、そんな私でも天職だと思える仕事に出会い、書籍を出版したり、講演のオ  ファーをいただけるようになりました。

 私の七転び八起きのエピソードをご紹介することで、
多くの方が自分の未来に希望を持って いただくことができたら、とてもうれしく思います。

 

  

 
 


【おかげさまで18刷】

あたりまえだけどなかなかできない
ほめ方のルール(明日香出版社
2009年9月発売

 

 
ほめるための心構えから、さりげなく使えるほめ方、さらには叱り方まで掲載。
コミュニケーション上手になり、あなたの人生を変える、ほめ方本の決定版。


マネージメントする立場の方々は、部下の成長を促したり、モチベーションをあげて働いてもらうために、どういう風に声をかければ良いかと日々悩んでらっしゃることでしょう。

 
そんな方々の"もっと自然にほめることができたらなぁ・・・"という気持ちに応えるのがこの一冊。

照れくさくてなかなかさり気なくほめることができない、どんなタイミングでどんな風に声をかければいいのかわからない。そんな悩みを解決するための101のルールを掲載しています。

そして大きな特長は、この本が単にほめる際の言葉のバリエーションを紹介している本ではないということ。

コーチングとNLPの理念や考え方をふんだんに盛り込みながら、人を認めるということ、想いを受け止めるということの素晴らしさやその効果について分かりやすく解説しています。


というと何やらおカタイ本のように思えるかも知れませんが、その心配はありません。人の話を聴いたこともなければ、ロクに人をほめたこともなかったという著者が、コーチングに出会うことで自然に人をほめるようになり、人間関係が劇的に変化。そのプロセスにおける実体験をたくさん取り上げた、親しみやすくて"なるほど!"と思える内容になっています。

経営者の方、部下や後輩をお持ちの方、営業職の方、フリーランス、個人事業主の方など・・・人と信頼関係をつくり、お互いに尊重しあって生きていきたいすべての方に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

おかげさまで2010年3月に、増刷が決定しました!
 
 
 

【コーチング本の定番】
図解入門ビジネス/
最新 コーチングの手法と実践がよ~くわかる本【第2版】
(秀和システム:初版
2008年9月発売
、2012年1月改訂

 
組織全体を、そして個々人のパフォーマンスを大きく飛躍させる
コーチングの魅力とその方法論をまるごと理解できる一冊。

この本は、"コーチング"という、企業のマネージメント方法であり、個人の能力やポテンシャルを引き出す方法であり、人間関係を飛躍的によくするコミュニケーション手法であり・・・と一言では言い表すことのできないメソッドを、特定の流派に偏ることなく、フラットな目線で解説。


コーチングの概念や理念に始まり、具体例と共に紹介されるスキルの数々、素晴らしい効果が生まれるコーチングの仕組み、そして応用方法にいたるまで、コーチングのことをどなたにでも分かりやすく理解していただけるようm、分かりやすく書かれています。

人生を投げ出していた著者の生き方を大きく変え、人材教育の世界に転向するきっかけとなった
コーチング。そのコーチングへの熱い想いとみなさんへのメッセージが詰まった一冊です。


おかげさまで、発売3年半で、改訂版が発売されました。